ORNEW

12/20 Googleで「ディープラーニング・ハンズオン@Google」を開催しました

Share on Facebook
Pocket

私が管理者をつとめるMaruLaboとTensorFlow User Groupの共催、そしてGoogle Japanさんからの後援によりディープラーニングハンズオンを開催いたしました。

応募者はキャンセルを含めて700名を突破し、Connpass人気イベントランキングの2位にもなりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

Connpass募集ページ

当日の様子は一部Crash.academyさんで視聴できます:ディープラーニングハンズオン@Google(無料) TensorFlowについて 佐藤一憲氏(グーグル株式会社)

イベント概要

TensorFlowやDeep Learningの「勉強会」は多く開催されていますが、「ハンズオン」はほとんど存在していません。実際にTensorFlowを触ることは、理屈を学ぶのとは少し違うハードルがあります。今回はGCP上に環境を構築し、基本的なTensorFlowの使い方と理論を学びます。

主催 MaruLabo+TFUG
協力 Google
日時 12月20日 19:00〜22:00
場所 六本木ヒルズ Googleオフィス
定員 50人
参加費 無料
講師 丸山不二夫さん(MaruLabo)
演習課題 クラウド上に、Googleのフレームワーク TensorFlowをインストールした後で、ディープラーニングの “Hello World” と言われるMNISTデータセットを利用した「手書き数字の認識」の課題を、DNN(フル・コネクト)とCNN(コンボリューション)の二つのモデルで実行します。
参加者に必要なもの 「GCPのアカウント」と「無線LANに接続可能なノートPC」